RSS取得

2007年03月27日

「ハゲタカ」vs「華麗なる一族」

 NHKの土曜ドラマシリーズ「ハゲタカ」が終了してしまいました。ひさびさに見ごたえのあるドラマでした。企業買収、企業再生などを軸に、そこで絡み合う人間模様の悲(喜)劇が面白い。ハゲタカ外資のファンド・マネージャー鷲津政彦を演じる俳優の大森南朋さん、これまで全く知らなかったのですが、メガネをかけた時の冷酷・合理的なファンド・マネージャーの顔と、元銀行員時代の人の良さそうな顔と、一人の人間の二面性を見事に好演していました。

 真山仁さんの原作は読んでいないのですが、原作には出てこない人物設定もあるようで、巧みなカメラ・ワークや音楽などの効果もあり、質の高いエンターテイメントでした。個人的にはハゲタカ外資のファンド・マネージャー鷲津には最後まで冷酷・合理的であって欲しかったような気もしますが、それではあまりにも救いがなさすぎるか。

 もう一本見ていた連ドラ「華麗なる一族」も終わってしまい、しばらくは見たいと思うドラマもなく残念。

 それにしても、「華麗なる一族」の視聴率30%に対し、「ハゲタカ」は視聴率8%程度だったのですね。自分としてはTVドラマとしての完成度は「ハゲタカ」のほうが高いように感じたのですが。

 NHKが思っていた以上に「ハゲタカ」の反響は大きかったようですし、見逃した回もあるので再放送してほしい。

 このドラマをきっかけに、自分は何のためにお金を貯めるのか、貯めたお金を将来何のために使うつもりなのか、再考させられました。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

電車男

 昨夜TVで映画「電車男」を見ました。2chもテレビ版も見ていなかったので、素直に純愛物として面白かったです。2ch板の住人たちが共に悩み歓喜する姿が十分伝わっていないという批評も多いようですので、「電車男まとめサイト」を時間がある時に読んでみたいです。

 映画で今更気付いたことは、自分自身も十分オタクだなということです(^^;。 

 電子手帳(Treo)を片手にコンピュータに向かう。家と職場の往復しかしない。名古屋近郊に来て10年になるのに、大須の電気街(東京でいったら秋葉原)なら何とか歩けるけど、中心街の栄や錦(東京でいったら渋谷や銀座?)はダメ。東急ハンズとテレビ塔とオアシス21の正確な位置関係はよく把握していないし、これに地下街が加わるともうアウト。

 キレイなお姉さんのいるクラブに連れて行かれると場違いな感じがして話が続かない。病院に来るおばあちゃんたちのほうがはるかに楽しく話ができる。つきあいのある友人たちも何となくオタッキーな変わり者が多い。

 それでも恋愛結婚して子供もいるのだから、電車男でなくても世の中のオタク君たちもあきらめる必要はありませんね。


 結婚して10年以上たちますが、今更ながら妻にフト「もしかして、あなたってちょっとオタク?」と聞かれました。

私「今更、何をわかりきったこと言ってるの。つきあい始めたころから趣味とか興味は偏ってたでしょ。コンピューターだって電子手帳だってバリュー投資だってどれもオタッキーじゃん。アニメやフィギュアに手を出してなくても、趣味や興味の範囲と深さが世間一般とずれてれば十分オタクだよ。」

妻「だって、ちょっと変わってて面白い人だとは思ってたけど、世間で言うオタクとどうもイメージが重ならなかったから・・・」


妻が天然な女性でよかった。
オタク君たち映画と同様、天然な女性が狙い目です?


posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。