RSS取得

2007年05月05日

日本小型株の憂鬱

 昨年の今頃はwww9945さん早川圭さんのところで「米国優良銘柄の憂鬱」というタイトルが踊っていた。

 今ならさしずめ「日本小型株の憂鬱」といったところだろうか。特にファンダメンタルが悪化したわけではないのに不人気。米国ダウ平均の新高値や新興国市場に独り負けしている気がする。

 時に市場は行き過ぎるので、現在の日本小型株が底値とも思わないが、歴史は巡る。株価も巡る。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 19:22| Comment(28) | TrackBack(8) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

利回り投資

 私にとって株を買うこと イコール、(自分が働かずとも)誰かが自分の代わりに働いて現金収入をもたらしてくれる権利を買うことだと思っている。

 債券や不動産、株式投資で会社が稼ぎ出す純利益(もっと正確にはフリー・キャッシュフロー)を利回りごとに並べてみると大雑把に以下のようになる。

タンス預金 0%
銀行預金  0.2%
日本国債  1-2%
米国債   5%
株(PER20倍) 5%
株(PER15倍) 6.7%
賃貸不動産 約10%−諸費用・税金等  
株(PER10倍) 10%
株(PER8倍) 12.5%
株(PER7倍) 14.3%
株(PER5倍) 20%

 自分にとっての期待収益率(利回り)は米国債の倍程度は欲しいので、利回り10%(PER10倍)程度がひとつの目安になる。

 また、企業の収益が毎年成長している場合には年毎に利回りが上昇してゆく。年率15%で利益成長する企業であれば、現在の利回りが5%(PER20倍)でも5年後には利回り10%に達することになる(72の法則参照)。
その企業のビジネスモデルがよければ、5年後以降も利回りが上昇することが期待できる。

 この辺が、現在の利回りがなるべく高い企業の株を買うか、将来の利回りが高くなる成長企業の株を買うかの思案どころになる。

 例えば、

「PER15倍のこの成長株を買うと毎年利益が15%ずつ成長して5年後には利回り13%か。うん、悪くないな。」

「でも待てよ。現在PER8倍のこっちの株を買えば、今すぐ12.5%の利回りが手に入るんだから、派手さはなくてもこっちのほうがお得かな?」

などと判断するわけである。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 17:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい投資ルール

ハシビロコウとポン吉さんのところへのコメントをコピペ。

私の場合の投資ルール

(1)利回りの追求
 自分のポートフォリオの益回りを最大にする(=ルックスルー利益の最大化)。成長企業の場合は数年後の益回りも加味して判断。

(2)値上がりの可能性より、資産の減りにくいポートフォリオにする。
 上がった場合は神の恵み。

(3)集中投資
 ポートフォリオの10%以下では意味がない。10倍株を見出すのは至難の業。

(4)自分の理解できない投資先にはなるべく投資しない。

(5)リスクを取った結果のドローダウンには甘んじる。
 ポートフォリオ全体でマイナス50%までは甘受。最悪、投資元本さえ回収できればよしとする。リタイアを先延ばしすれば済むこと。
ラベル: 投資
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

ゆがみ

 JASDAQをはじめ、小型株のダラダラ下げが止まらない。比較的堅調な日経平均と比べると株価のゆがみを感じて、ついつい割安な小型株を拾ってしまう。
 
 ダウが13,000ポイントに迫っており、去年の年末に米国株を売らなきゃ良かったと思ったりもする。しかし、昨年末、そこそこ妥当な株価になってきたかなと思えた米国大型株に比べて、下落を始めた日本の小型株のほうが面白そうに見えた。

 結局、自分はより大きく「ゆがみ」を感じる場所が心地よい。一過性に名目上の資産額が減っても、利回りさえ上昇すればOK。

 単純なPER、真のPER、EV/EBITなど、いずれかの逆数で見た利回りさえよければ私にとっては心地よいのだ。

posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 18:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

一高たかはし のリスクフリー・アービトラージ

 ipichanさん コメントありがとうございます。

>ウェルネットの株価自体は「ちょっと高いな」とは思いますが、株価を半値に見積もっても親会社の事業価値はタダ同然の値段ですよね。


 成長性から考えるとウェルネットの評価が必ずしも高すぎると思っているわけではありません。 

 ウェルネット空売りは、一高たかはし買いと組み合わせた無リスクでの裁定取引としてのアイディアです。

 資本のネジレぐあいから考えて、

1)ウェルネットも一高たかはしも値上がりの場合、

ウェルネット空売りでの損失 < 一高たかはしの値上がり益


2)ウェルネットも一高たかはしも値下がりの場合、

ウェルネット空売り益 < 一高たかはしの損失


に収束するはずですから。


 リスクフリー・アービトラージにしてしまえば100%勝てる勝負だと思いますので、ウェルネットが貸借銘柄だったら、全財産この取引につっこんでもいいかと思っちゃいますw。

 ウェルネットの空売りとペアにしなくとも、一高たかはし結局タダみたいなもんなんだから、いくら買ってもいいだろうと思ってます。

 一高たかはし単独の取引では完全に無リスクにはできないので、さすがに全財産ぶっこみは控えてますが...



と、日記にして買い煽ってみるわーい(嬉しい顔)w。


(お決まりのお言葉: 投資判断は自己責任で)
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

会計士Kさんと

 今年も、確定申告は勤務先の税理・会計を担当している会計士Kさんに丸投げ。転居のため某証券会社からの特定口座の報告書の到着が遅れていたので、とりあえず売買履歴をプリントアウトして渡しておいた。

Kさん 「先生、なんで一高たかはし(2774)なんて、マイナーな銘柄売買してるんですか?」

私 「え? Kさん、一高たかはし知ってるの? Kさんこそ、よくあんな会社知ってましたね。」

Kさん 「いや、うちの事務所でガス会社とかのM&Aとかも手がけてるから。一高たかはしってガス会社のM&Aやってるから調べたことあるんですよ。」

私 「なるほど。実はね、一高たかはしは、コンビニとかで代金回収サービスしてるウェルネット(2428)っていう子会社の株を50%以上持ってるんですよ。それなのに一高たかはし(2774)の時価総額は、ウェルネットの半分以下。要するに一高たかはしの事業価値は0かマイナスに見積もられてるってこと。こんな馬鹿げた状態が永遠に続くわけないでしょ。ただ、このねじれがいつ解消されるかわからない。明日なのか、5年・10年先なのか。」

Kさん 「なるほど、M&Aの考え方そのものですね。」

私 「うん。一高たかはしの評価が低すぎるか、ウェルネットの評価が高すぎるかのどっちかだから、一高たかはしを現物買いしてウェルネットを空売りできれば、リスクなしで儲かるはずなんだけど。ウェルネットは空売りできないから、とりあえず一高たかはしを買ってるわけですよ。」

Kさん 「面白そうですね。ちょっと調べてみようっと。じゃあ、先生の納税額が確定したらまた連絡します。ところで、どこかよさそうな株あったら今度私にも教えてくださいよー。」




私 「だから、一高たかはしですってば。」(ガクッ)
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 00:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

中学受験

 我が子は塾に行かなくとも入れる緩い学校を見つけて中学受験したのですが、中学受験では四谷大塚の教材を使っている四谷大塚準拠塾が多いですよね。

 M&Aという観点と、教育産業が基本的にコンテンツ産業でもあることを考えると、大学受験の東進ハイスクールを展開するナガセ(9733)が中学受験の四谷大塚を昨年買収したのは大きな出来事だったのではないでしょうか。これまで展開してきた東進衛星予備校と四谷大塚のYTnetを軸に学習塾業界のM&Aで台風の目となるかも、などと妄想してしまいます。

 1単位が高いのと出来高が非常に少ないのでなかなか手がけにくいのが難点でしょうか。高配当銘柄でもあるので配当権利落ちで値が下がってくれると買いやすいのですが。
ラベル: 教育 投資
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

調整

数日前、珍しく妻から携帯メールが。「世界中で株が暴落ってニュースでやってるけど、うちの資産も減っちゃった?」


妻に電話。
「ああ、そりゃちょっとは減ってるけど。暴落っていったって3%ぐらいしか下がってないんだから、暴落っていうほどじゃないよ。」

「日経平均とか大型株がちょっと上がりすぎだと思ってたから、ちょうどいい調整なんじゃない。今自分が持ってるような小型割安株が値上がりして大型株のレベルに追いつくか、大型株が調整して小型株のレベルまで下がってくるか、どっちかだと思ってたから。」

「まあ、中国発で世界同時株安になるのが初めてだから、大きなニュースになってるんじゃないかなー。きっかけは何でもよかったんだと思うよ。」



妻「じゃあ、今が買い時なの?」



「まだ、パンパンになった風船にちょっと穴があいてしぼんだだけで、まだペチャンコにはなってないから、買い時はもうちょっと先かなー?」
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

2006年末ルックスルー利益

 今年のパフォーマンスはまだ正確には計算していませんが、評価額ではたぶん若干のマイナスになると思います。

 しかし強がりを言うわけではありませんが、でらマネー・ホールディングスのルックスルー利益(今期予想)は約50%のプラスとなりました。Mr.マーケットのご気分次第で評価額はPER 5倍から15倍の間を変動すると思っています。

 ざっとですが、ルックスルー当期予想純利益の増加は以下のようになります。

2004年末 500万円
2005年末 700万円
2006年末 1,100万円

 ルックスルー利益の増加は、投資先企業の利益成長によるところもありますが、Mr.マーケットの躁うつ病にうまくおつきあいできた部分もあります。(具体的には、今年前半に米国株にシフトして、年末にかけて日本の小型株に戻したこと)
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

久々の四季報読み

今年前半は全般に株価が高値だったので、四季報をめくって銘柄を探す気になれませんでした。ほとんどの企業の前期決算が載る夏号はさすがに買いましたが、秋号はパス。
 やっと魅力的な値段の小型株がだいぶ増えたので、今回は真面目に読もうと思ってます。

 実は、私はいまだに四季報CD-ROMが使いこなせません。この前の名古屋オフ会で、やはり四季報CD-ROMが使えないという人が多くてホッとしました。というより、高い料金取ってるんだから、あんなわけわからん式入れなくても、重要指標で簡単にスクリーニングできるわかりやすいユーザー・インターフェースにしてください、東洋経済さん。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

棒球

 久々に日本株を眺めてみたら、(1)持っている現金・有価証券が時価総額を上回っていて事業価値はタダとみなせる企業(ネット・ネット株)や、(2)益回り10%以上(PER 10倍以下)の企業、がゴロゴロしてきましたね。DCF法がうんぬんと考えるまでもなく安いと思います。
 米国株にシフトして下落をまぬがれた資金を少しずつですが日本株買いに振り向けはじめました。

 マーケット・タイミングを取って儲けようというわけではなく、下落リスクのより低い商品に資金を移すこと、また長期的にルック・スルー利益を極大化させるのが私の投資方針です。
 kitakujinさんも同様に日本の小型株が安いと判断されているようですね。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 23:43| Comment(0) | TrackBack(3) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

北朝鮮核実験強行と株価

 北朝鮮が地下核実験を強行しましたね。

 シンプルな株価評価モデルでは

株価= 一株利益÷(国債利回り+リスクプレミアム - 成長率)

ですので、日本の地政学的リスクプレミアムの増大によって株価は下がると思いますが、優良なビジネスが安く、高い利回りで買えることになりますので、余裕があればツッコミ買いを入れたいところですね。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 22:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

6,9ヶ月成績

       6ヶ月   9ヶ月
日本株  −9.8%   −14.5%
米国株  −4.8%   +9.6%
総合   −12.8%   −4.6%

でした。
 今年はなるだけ減らさないことを念頭に運用しています。何とか年末までにプラスになって欲しいところですが、さてどうなるやら。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

釣り

 最近、子供につき合って堤防釣りに出かけます。まったくの素人ですが、釣れる日には何匹も魚が釣れちゃいます。自分が釣れない日には上級者とおぼしき人たちもそんなに釣れてません。息子がポンポン釣り上げるのを見て、「オジサンがちょっと仕掛けを見てやるよ」と息子の仕掛けのセッティングをこっそり盗み見る人もいます(笑)。

 株式投資も釣りになんとなく似ていますね。去年のように相場が良ければ、どんな株を買っても入れ食い状態でどんどん上がるし、相場が悪ければ上級者でも簡単には儲けられません。ああだこうだとウンチクを語る人もたくさんいますが、そのとうりにやったからといって釣れるともかぎりません。

 基本に忠実に、どこを狙ったら釣れやすいのか(どこが割安か)、魚の特性は?(企業の強みは?)などの情報を自分なりに分析しながら毎日釣りに出かければ、長期的には誰でもそれなりに結果が残せると思います。

 台風が来るとわかりきっている時には休むのももちろんありだと思います。私はすぐに台風が来るとは思っていないので、釣り糸を垂らしっぱなしにして潮目が良くなるのをのんびり待っていますが。
ラベル:投資 釣り
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。