RSS取得

2007年04月09日

「ヒルズ黙示録―検証・ライブドア」

「華麗なる一族」の原作が読みたくなって文庫本を購入したが、TVドラマで見たイメージが強すぎたのか、いまひとつ小説の中に入り込めなかった。

 図書館で借りた「ヒルズ黙示録―検証・ライブドア」は、「ハゲタカ」の現実版という感じで期待以上に面白かった。村上世彰氏やホリエモン(実際に主に動いたのは宮内氏か)の不可解に思えた行動の裏側には、実際にはこんな背景があったのかナルホドと思わせる。

 村上氏の企業変革を迫る株式アクティビストとしての顔とファンド・マネージャーとしての顔との二面性も「ファンド・マネージャーやってればリターンが求められるわけだから、高値になればやっぱり売り抜けも考えるよな」と妙に納得してしまった。

 「国策捜査」とまでは言えないかもしれませんが、逮捕された当事者たちは違法行為の認識は薄かったのかも知れないですね。

 資金が十分にファイナンスできて、当時のようなニッポン放送とフジテレビの親子関係だったら、私だってニッポン放送買収の妄想を巡らせたかも知れません。

 メディアとインターネットの融合という大義名分を除いてしまえば、一高たかはしを買収して子会社のウェルネット株を全部売却。現金を抜き取って、親会社の一高たかはしはガス販売会社として存続させるっていう私の妄想と大して変わらん? 






posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

ルールNo.1投資法



 フィル・タウン著「ルールNo.1投資法」を読む。内容は平易でわかりやすい。

4つのM
1) Meaning
2) Moat(堀)
3) Management(経営者)
4) Margin of Safety(安全域)
のある企業を探せ。

Big Fiveが10%以上
1) ROIC(投下資本利益率)= 税引後営業利益(NOPAT)/(純資産+負債)
2) 純資産伸び率
3) EPS伸び率
4) 売上高伸び率
5) キャッシュ伸び率

具体的な株価の計算法はメアリー・バフェットの「バフェットの銘柄選択術」とほぼ同じ。

 今後10年のEPS成長率を過去の純資産伸び率・EPS伸び率から推定し、10年後のEPSを予測。10年後の予想EPSに予想PER(成長率の約2倍)をかけて10年後の予想株価を推測。期待収益率を15%に設定すると現在の株価は「72の法則」で5年毎に倍になるべきなので、現在の株の定価(≒本質価値:intrinsic value)は10年後の予想株価の4分の1。50%の安全域をとるとさらにその半額で買うべき。

 フィル・タウンは、他のミリオネアから株式投資の基本を教えてもらったと言っているので、「バフェットの銘柄選択術」とほぼ同じ計算方法を用いていることを考えると、株式投資で財をなした米国のミリオネアたちはこの程度の計算はたぶん暗算でできるようになっているものと思われる。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 21:43| Comment(19) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

「ウェブ進化論」梅田望夫



 梅田望夫氏の「ウェブ進化論」を読んだ。現在ネット上で起きている変化をわかりやすく描いている。Googleによる検索技術の進化と不特定多数無限大の集合知による「知」の秩序の再構築について楽観・未来を描いている。

 著者の主張は概ね正しいと思うが、株式市場における効率・市場仮設に似ているような気もする。本書の中でも述べられているが、そこに出現するのは「高速道路のあとの大渋滞」のような気がする。誰でも容易に情報収集ができるので、ある分野で上位10−20%に到達することは簡単にできるが、そこから先には熾烈な競争が待ち受けているのではないだろうか?

 ロングテール現象もブログを書く立場から考えると、Googleなどで検索上位にひっかかるのはそれなりの人気ブログで、意識的に他人に読んでもらおうと書かれたブログでなければ、結局ロングテールのかなたに埋没してしまい、そう簡単には誰かの目に触れることもないであろう。

 ともあれ、私の書く雑ブログもどこかの誰かに届くかも知れないと、ブログを更新する意欲を私に呼び起こしてくれたのはありがたい。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。