RSS取得

2006年11月28日

棒球

 久々に日本株を眺めてみたら、(1)持っている現金・有価証券が時価総額を上回っていて事業価値はタダとみなせる企業(ネット・ネット株)や、(2)益回り10%以上(PER 10倍以下)の企業、がゴロゴロしてきましたね。DCF法がうんぬんと考えるまでもなく安いと思います。
 米国株にシフトして下落をまぬがれた資金を少しずつですが日本株買いに振り向けはじめました。

 マーケット・タイミングを取って儲けようというわけではなく、下落リスクのより低い商品に資金を移すこと、また長期的にルック・スルー利益を極大化させるのが私の投資方針です。
 kitakujinさんも同様に日本の小型株が安いと判断されているようですね。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 23:43| Comment(0) | TrackBack(3) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今週の全“ネットネット株”81銘柄(2006/12/01)
Excerpt: 今週も先週に引き続き、“ネットネット株”となった銘柄をご紹介いたします。 今週は...
Weblog: 市場に勝てる!「超」バリュー銘柄選定術
Tracked: 2006-12-04 01:56


Excerpt: DCF法DCF法(- ほう)は、収益資産の価値を評価する方法の1つ。具体的には、株式や不動産その他多様な投資プロジェクトの価値を算出する場合に用いられる。''Discounted Cash Flow'..
Weblog: 株式最新ガイド
Tracked: 2007-10-01 12:25


Excerpt: DCF法DCF法(- ほう)は、収益資産の価値を評価する方法の1つ。具体的には、株式や不動産その他多様な投資プロジェクトの価値を算出する場合に用いられる。''Discounted Cash Flow'..
Weblog: 株式最新ガイド
Tracked: 2008-01-27 14:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。