RSS取得

2006年10月16日

怒! 教師の人権意識といじめ

 北海道と福岡でいじめによる悲しい子供の自殺が相次いでいます。どちらも共通しているのは学校と教育委員会の大人たちの共感性の乏しさと人権意識の乏しさだと感じます。

 誰が考えても「遺書」とわかるものを「手紙」だと説明し、「(手紙に)いじめという言葉は使っていないですよね」と平気で言ってのけた滝川市教育委員会 千葉 潤 指導室長の発言には開いた口が塞がりませんでした。

 また、福岡の事件で担任教師の言動がいじめの発端になった可能性が高いというのも言語同断です。「一生償っていきたいと思います」(元担任教師)って何をどうやって償ってゆくつもりなのでしょう。校長も「元担任の言動が直接、男子生徒の自殺と結びついているとは断定できない」「いじめは否定していない。ただ、直接的につながったということではなくて、誘因として考えています」と言い逃れするなら、自殺したお子さんのご両親とお子さんの遺影に何を謝罪したのでしょうか。上っ面の言葉だけの謝罪ととられても仕方ないですよね。

 米国でアホな大統領と批判されているブッシュ大統領でさえ、横田めぐみさんの北朝鮮拉致問題で横田早紀江さんと面会した際、"I have just had one of the most moving meetings since I've been the President"と最大限の共感を示しています。

 北海道と福岡の事件でも、学校と教育委員会が自殺したお子さんの遺族に最初から心からの共感を示していじめの全容解明に最大限協力する姿勢を示していればこんなに大問題にはならなかったと思います。

 学校も教育委員会も自殺した子供たちやその遺族に比べ、立場も情報の得やすさも最初から圧倒的に優位に立っているはずです。それにも関わらず自己保身のために子供や親の訴えを無視して、自分たちに都合のよい説明しかせずに相手を傷つけるのは、モラル・ハラスメントあるいはパワー・ハラスメントに相当するのではないでしょうか。

 教育基本法の改正も必要かもしれませんが、それ以前に教師や教育委員会職員に「相手に共感して相手の尊厳を守る」「個人個人の人格を尊重する」という基本的人権意識を徹底させ、それを学校の子供たちや親たちにも広げてゆくという活動を行わなければ、子供たちの間でのイジメを根絶することはできないと思います。教師や教育委員会が弱い立場にある子供やその保護者に共感して寄り添うことができないのであれば、いくら子供たちに声を大にして「イジメは絶対にいけない」と教えたところで机上の空論にしかすぎません。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25603455

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。