RSS取得

2006年08月20日

靖国問題

どちらかというとやや右寄りの私は、米国の戦死者を祀るアーリントン国立墓地でアメリカの大統領が追悼式典を行っても誰も文句を言わないのに、日本の首相が靖国神社を参拝すると中国や韓国から非難されるのは何故なのだろうと思っていました。

しかし、立花隆氏の記事「小泉首相“開き直り参拝” 日本が見失った過去と未来」

我々はみな、靖国神社といえば、戦争犠牲者の追悼の社だと思っている。そこに眠るのは、英霊たちであり、そこに行って頭をたれる人は皆、死者を悼むためにそうしているのだと思っている。ときどきあの神社では、旧日本兵の服装をして、鉄砲をかついだり、軍刀をふりかざしてみせたりする人が出てきたりするが、そういう人を見ても、普通の人は、ちょっと神経系に問題がある軍隊フリーク、戦争フリークを見たくらいにしか考えないだろう。

だが、戦争中は、それが常態だったのである。陸軍も海軍も、部隊で次々におしかけてきては、そこで軍事パレードや出陣式を毎日のように行っていたのである。死者を悼む儀式など、なきに等しく、そこは戦意高揚のために、勇猛果敢なる兵士たちが、熱気でいっぱいのパフォーマンスを繰り広げる場所だったのである。

高橋がこの映像を入手してきたのは、韓国に残されていた戦時中の記録フィルムからだったという。韓国では、靖国というと、これがよく使われる映像で、韓国の人の頭の中ではこの映像が焼きついているのだという。

同じようなイメージの問題が、欧米における靖国報道にもある。

外国で靖国問題が報じられるとき、靖国神社(YASUKUNI シュライン)などといっても、それが何であるか、誰も知らないから、靖国を報道するときには、必ず、同格の形容句として、「A級戦犯を祀った(Aクラス・戦争クリミナルをエンシュラインした)」という言葉が枕詞のように必ず付くのである。

という部分を読んで、自分は靖国について何も知らないことを再認識。小泉首相の靖国参拝に対し賛成と言っている人も、反対と言っている人も客観的なデータにもとづいて意見を言っているわけではなく、感覚的に意見を言っている人たちがほとんどなんでしょうね。
タグ:靖国 政治
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 09:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22570255

この記事へのトラックバック

靖国
Excerpt: 靖国神社への思い、靖国神社参拝問題に関する意見等々。こちらに書いてみませんか。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-08-20 15:20

靖国問題の今後を考える日本文化的な気構え
Excerpt: 今日は久々に時事問題を取り上げます。 応援してるヴェルディの親会社だからと言うわ
Weblog: ファブログ
Tracked: 2006-08-21 23:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。