RSS取得

2006年08月10日

「ウェブ進化論」梅田望夫



 梅田望夫氏の「ウェブ進化論」を読んだ。現在ネット上で起きている変化をわかりやすく描いている。Googleによる検索技術の進化と不特定多数無限大の集合知による「知」の秩序の再構築について楽観・未来を描いている。

 著者の主張は概ね正しいと思うが、株式市場における効率・市場仮設に似ているような気もする。本書の中でも述べられているが、そこに出現するのは「高速道路のあとの大渋滞」のような気がする。誰でも容易に情報収集ができるので、ある分野で上位10−20%に到達することは簡単にできるが、そこから先には熾烈な競争が待ち受けているのではないだろうか?

 ロングテール現象もブログを書く立場から考えると、Googleなどで検索上位にひっかかるのはそれなりの人気ブログで、意識的に他人に読んでもらおうと書かれたブログでなければ、結局ロングテールのかなたに埋没してしまい、そう簡単には誰かの目に触れることもないであろう。

 ともあれ、私の書く雑ブログもどこかの誰かに届くかも知れないと、ブログを更新する意欲を私に呼び起こしてくれたのはありがたい。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。