RSS取得

2007年05月05日

日本小型株の憂鬱

 昨年の今頃はwww9945さん早川圭さんのところで「米国優良銘柄の憂鬱」というタイトルが踊っていた。

 今ならさしずめ「日本小型株の憂鬱」といったところだろうか。特にファンダメンタルが悪化したわけではないのに不人気。米国ダウ平均の新高値や新興国市場に独り負けしている気がする。

 時に市場は行き過ぎるので、現在の日本小型株が底値とも思わないが、歴史は巡る。株価も巡る。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 19:22| Comment(28) | TrackBack(8) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

利回り投資

 私にとって株を買うこと イコール、(自分が働かずとも)誰かが自分の代わりに働いて現金収入をもたらしてくれる権利を買うことだと思っている。

 債券や不動産、株式投資で会社が稼ぎ出す純利益(もっと正確にはフリー・キャッシュフロー)を利回りごとに並べてみると大雑把に以下のようになる。

タンス預金 0%
銀行預金  0.2%
日本国債  1-2%
米国債   5%
株(PER20倍) 5%
株(PER15倍) 6.7%
賃貸不動産 約10%−諸費用・税金等  
株(PER10倍) 10%
株(PER8倍) 12.5%
株(PER7倍) 14.3%
株(PER5倍) 20%

 自分にとっての期待収益率(利回り)は米国債の倍程度は欲しいので、利回り10%(PER10倍)程度がひとつの目安になる。

 また、企業の収益が毎年成長している場合には年毎に利回りが上昇してゆく。年率15%で利益成長する企業であれば、現在の利回りが5%(PER20倍)でも5年後には利回り10%に達することになる(72の法則参照)。
その企業のビジネスモデルがよければ、5年後以降も利回りが上昇することが期待できる。

 この辺が、現在の利回りがなるべく高い企業の株を買うか、将来の利回りが高くなる成長企業の株を買うかの思案どころになる。

 例えば、

「PER15倍のこの成長株を買うと毎年利益が15%ずつ成長して5年後には利回り13%か。うん、悪くないな。」

「でも待てよ。現在PER8倍のこっちの株を買えば、今すぐ12.5%の利回りが手に入るんだから、派手さはなくてもこっちのほうがお得かな?」

などと判断するわけである。
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 17:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい投資ルール

ハシビロコウとポン吉さんのところへのコメントをコピペ。

私の場合の投資ルール

(1)利回りの追求
 自分のポートフォリオの益回りを最大にする(=ルックスルー利益の最大化)。成長企業の場合は数年後の益回りも加味して判断。

(2)値上がりの可能性より、資産の減りにくいポートフォリオにする。
 上がった場合は神の恵み。

(3)集中投資
 ポートフォリオの10%以下では意味がない。10倍株を見出すのは至難の業。

(4)自分の理解できない投資先にはなるべく投資しない。

(5)リスクを取った結果のドローダウンには甘んじる。
 ポートフォリオ全体でマイナス50%までは甘受。最悪、投資元本さえ回収できればよしとする。リタイアを先延ばしすれば済むこと。
ラベル: 投資
posted by 寺間 寧(てらま やすし) at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。